ブルーベリー栄養素の摂取方法

ブルーベリー

ブルーベリーは生・ドライ・冷凍・ジャム・サプリメントなど、色々な形で摂取することが出来ます。

ここではそれら方法について解説します。

生で食べる

生の状態のフレッシュな形で食べるのが理想です。ただし、生で食べられるのは夏の期間だけですので、ご注意下さい。

また、ヨーグルトに入れたり、ジュースにする方法もあります。

ドライで食べる

レーズンやプルーンのように、ブルーベリーもドライフルーツの状態でも販売されているのでそれを利用するのも一つの手です。何よりドライ状態のメリットは保存が可能なことです。

また、生よりドライフルーツの方が、アントシアニンや食物繊維が凝縮されてより多く含まれています。ちなみに食物繊維は生の3倍です。

冷凍で食べる

冷凍ブルーベリーは、解凍しても味や風味が落ちていることはありません。もちろん、成分が損なわれることもありません。

冷凍ブルーベリーの食べ方は、生と同じようにヨーグルトに入れたり、ジュースにする方法があります。

ジャムとして食べる

パンやクッキーやマフィンなどに付けて食べる方法が、一番ポピュラーな方法でしょう。

ただし、市販品のものの中には過度に甘味料や砂糖を使用しているものもあるので注意が必要です。

本当にブルーベリーそのものをジャムにして召し上がる場合は常温のものや冷凍のものを買ってきてそれを潰してジャム状にすると美味しく頂けるのでおススメです。

サプリメントを摂取する

視力を回復する為には、アントシアニンを1日に50g?100gを摂取るのが理想ですが、この量を摂取する為には、ブルーベリーを倍の200g必要になります。

そこでお薦めなのが、サプリメントのブルーベリーです。これなら簡単に摂取出来るので、お薦めの方法です。

ブルーベリーのサプリメントはたくさんありますが、一番気をつけるのはアントシアニンが多く含まれている商品を選ぶことです。

ちなみにブルーベリーエキスとアントシアニンは違いますので、間違いないようにして下さい。

ブルーベリーサプリメントにアントシアニンが何%入っているかを調べて、一錠の大きさに対して、アントシアニンの量を計算して下さい。

計算式は下記のようになります。

50g~100g÷アントシアニンの量=サプリメントの量

これで1日のサプリメントの量が計算出来るかと思います。

以上がブルーベリーの摂取方法ですが、お薦めはサプリメントです。そして、摂取の目安はアントシアニンを50g?100g取れる量を摂取することです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*