色々な眼精疲労

眼精疲労

今の世の中、多くの人が仕事だけでなく日常生活においても、パソコンを使っています。

そんな時代の影響なのでしょうか、目が疲れる・頭痛がする・肩や首が凝る・目が乾くなどなど…このような症状を訴える人が急増しています。

実は私たちの生活は、現在目が非常に疲れる環境にあります。

目が疲れることを眼精疲労と呼びますが、この眼精疲労になるには、いくつか原因があります。ここではそれらについてご紹介していきます。

 

色々な眼精疲労

調節性眼精疲労

近視や老眼の影響で、ピントを合わせる機能が衰えているのに、無理矢理ピントを合わせようとするために目が疲れる症状です。

筋性眼精疲労

目の筋肉が疲れてしまうことで起こる症状です。細かい作業をしている人になりがちです。

神経性眼精疲労

精神的な緊張で起こる目の疲れです。眼精疲労は精神的なことからも起こります。

VDT症候群

眼精疲労の中で、最近多いのがVDT症候群です。VDT症候群の症状は、パソコンなどの利用により眼精疲労やドライアイなどがあります。

また、首や肩こり、頭痛や吐き気などの全身症状があり、ノイローゼや不眠症といった精神障害を起こすこともあります。

何故、パソコン利用でVDT症候群になるかといいますと、「パソコン画面」が原因です。実はパソコン画面のチラつきが目を疲れさせているのです。

また、パソコン画面を見る時は、まばたきの回数が少なくなります。それが原因でドライアイになったりします。

仕事でパソコンを使う場合は、パソコン以外にも資料などに目を通すことが多くあると思います。そこで視点移動が多くなります。これもVDT症候群の原因だったりします。

電磁波も目を疲れさせる原因です。電磁波は健康そのものを阻害しますので、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*